讃岐うどんとは

c01-01.jpg

讃岐うどんとは


讃岐うどん

日本全国にはご当地うどんが沢山あります。
讃岐うどんは、香川県(旧国名は讃岐国)で生まれたうどんのこと。
讃岐地方で多く生産・消費されていて、一般的にコシがあり、のど越しが良く、食べ方のバリエーションも豊富で一気に有名となりました。

また、古くから良質の「小麦」「塩」「醤油」「いりこ(煮干)」が讃岐国の特産品で、それら自然の恵みがうまく融合して、風味豊かでコシのあるうどんが作られるようになり、その美味しさから知名度もアップ!

2011年には香川県庁と香川県観光協会は、讃岐うどんを全面的に推しだした観光キャンペーン「うどん県」をスタート!



讃岐うどんのルーツ

その昔室町時代にさかのぼるといわれています。
遣唐使として中国に渡り、密教の奥義と貴重なお経を納めて帰国した弘法大師・空海が、その当時中国で食されていた『コントン』という小麦を練ったものを茹でて食べる食物をルーツとしている説がよく語られています。

他にも戦時中、兵士の多くが休日に地元でうどんを食べていることに着目。
栄養価や体力作りの面から部隊食となり、戦後除隊した兵士たちが日本各地でうどん店を開業したことが讃岐うどんが全国に広まったきっかけだとする説もあるようです。





http://sanukidaisyouya.wiki.fc2.com/image/banner02.jpg







  • 最終更新:2014-10-06 10:03:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード