食後低血圧に注意

c01-01.jpg


食後低血圧に注意


離乳食から介護食まで幅広いレシピのあるうどんですが、美味しく食べやすいからといって、焦って食べるのは厳禁です!
特に高齢者の食事としてご利用の場合は、「食後低血圧」という病気を引き起こすことも考えられますので、ゆっくり時間をかけて食べるようにすると良いでしょう。


食後低血圧とは?

食事後に席を立とうとしたとき、めまいやふらつきを起こしたことはありませんか?
「食後低血圧」とは、食事後によって急激に血圧が下がる症状のこと。
「食事性低血圧」と呼ばれることもあります。
体が温まって消化も良いうどや雑炊など、柔らかくて食べやすいものは高齢者に好まれるメニューです。
ですが、慌てて一気に食べてしまうと、めまいやふらつきを引き起こす「食後低血圧」という思わぬ事態を招くことがあるそうなのです。

「食後低血圧」は、高齢者に起こる例が圧倒的に多く、血圧の低下が起こりやすい食後30分~1時間ごろに、めまいやふらつきが起こりやすく、人によっては強い立ちくらみを起こし、そのまま気を失うこともあります。
高齢者の場合にはそのとき転倒して、骨折などの大ケガをすることもあるのでとくに注意が必要です。


食後低血圧が起こりやすいタイプ

どんな人でも加齢や病気によっては、自律神経などがスムーズに働かなくなり、食後の消化活動による血圧の変化で、血圧を維持する機能がうまく作用しなくなるなど、急激な血圧低下が起こりやすくなるといわれています。
高血圧の方や糖尿病にともなう神経障害、パーキンソン病などの病気のある方にも起こりやすいので注意が必要といわれています。



食後低血圧を予防する方法

自分でできる予防法がいくつかあります。

①ゆっくり食べる
早く食べると消化活動のために腸に血液が集まりやすくなり、「食後低血圧」を起こしやすくなる傾向にあります。ときどき箸を休めながら、ゆっくり時間をかけて食べるように心がけましょう。

②食後にしっかり休憩をする
食事後、すぐに動こうとするとめまいなどを引き起こす可能性があります。
食後1時間ほどゆっくり休息をとってから動くとよいでしょう。




http://sanukidaisyouya.wiki.fc2.com/image/banner02.jpg





  • 最終更新:2014-10-06 15:07:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード